1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール
元居酒屋店主の日記

きよふみ

Author:きよふみ

お知らせ
飯田のフットボールクラブ

「アザリー飯田」 を応援しよう!!

アザリー飯田 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
20

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

胡桃花
クルミの木のその後の変化…


イモムシのようだった雄花のツボミは…
くるみ
ぶらりと垂れ下がり …

これが 花の咲いている状態、ということですかね…
くるみ
黒い細かい粒々が いっぱい見えます


一方 こちらが雌花…
くるみ
これがやがて膨らんで クルミの実になるんですね…

赤い部分が 半開きの唇のようにみえなくもないです
くるみ
ともに “ 花 ”とは形容し難く 目を奪われるような華やかさはありませんが…

しっかりと それぞれの役割を全うしようとする姿が 見て取れるような気がします

14

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

忘れてませんか?
仕事の帰り道…

立ち寄ったコンビニの 車を停めた目線の先に ぼんやり浮かぶ公衆電話…
電話ボックス
「そういえば もう どれくらい使ってないだろう…」

外出先での連絡手段として 欠かせない存在だったのが 遠い昔のような気がする…

まだ利用する人がいるから 撤去されないわけで…

残されていることに きっと意味はあるのではないかと…

08

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

迷走
街道を巡って ワインディングを堪能して お隣りの県のダムにでも行こうかと…

おとなしく 知ってる道を行けばいいものの ついついいつもの冒険心が…
1
で、気付けば 林道に迷い込んでた(笑)

落石だらけ、砂 浮きまくり。 オフ車なら楽しいんでしょうけど、きっと。

自分の場合、こういうこと 結構よくあります

1時間以上のタイムロス、その上 来た方向へ引き返さざるを得ないという アホくさい展開…



よく知る道に戻り…
2
気持ち切り替えて 目的地方面へ…


道の駅で休憩してたら…
3
足下に クマバチが…

仰向けになって グルグルとはいずり回ってる…

しばらくして 起き上がって ふらふらと飛んでった…
4
めちゃくちゃ背中がかゆかったんスかね…

毛がモジャモジャしてて いかにもかゆそうですもんね…



やや道幅の狭い山道を進むと 道路に面して滝が…
5
名前には “大滝”と付いてましたが びっくりするほど大きくはなく…

落差はそこそこで “お手頃サイズ”って感じ?



結局 ダムへ向かう道は 通行止めになっていて…

そこに至るまでに 2ヶ所ほど、同様に通行止めに行く手を阻まれていたので…

さすがに心折れて引き返すことに…



帰り途中の温泉施設…

玄関脇に 水槽が設置されてて…

「信州サーモン」のポスターが。
8
ゴールデンウイーク中、おろしましたがな、3本ほど。

一緒に泳いでいるのが 焼魚にするのにちょうどいいくらいのサイズなので…
9
その大きさが分かっていただけるかと思います(まあまあデカい)

仕事上取り扱うのは 絞めた状態で届くのでアレですが…
10
生きてるやつを目の当たりにしちゃうとね…

食材という概念を越えて 「命あるもの」

ちょっと罪悪感というか、残酷と言うか、かわいそうな気になります…



その後、先日 「水曜日のダウンタウン」で取り上げられて 身近でちょっとした話題になった村を通過…
11
確かに クルマはまあまあ走ってるけど バーは無さそう…



最後の最後に たくさん花が咲く場所へ…
12
「連休 昨日で終ったんちゃうんかい!」って言いたくなるくらいの混雑具合…

バイクだから良かったものの クルマだったら 入ったが最後、しばらく抜け出せないくらいの渋滞でした
13
風が強く…

舞い散る花びらで すごく風情のある景観…
14
それと併せて 年に一度のビッグなビジネスチャンス…

あちらこちらで 商魂たくましい人たちの姿を見て…
15
自分もそうでありたいような、でも そうはなりたくないような…

それはさておき、噂には聞いていた 一面に広がる鮮やかな景色…

初めて訪れてみて いたく感動した次第であります