FC2ブログ
  08 ,2015

プロフィール
元居酒屋店主の日記

きよふみ

Author:きよふみ

お知らせ
飯田のフットボールクラブ

「アザリー飯田」 を応援しよう!!

アザリー飯田 

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
27

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ビリビリ
御殿場IC付近で昼食を済ませ…
関東・中部各地から訪れている面々は それぞれここで解散となります

自分は 同じく長野から訪れている方と 途中まで同行することに…
日曜の午後、御殿場から須走までの道はノロノロ運転の大渋滞…
それを回避して 有料道路でワープ…
河口湖からは 御坂みちを快走…
ここらへんから 耐えられないくらいの睡魔が…
ほんの一瞬 記憶が飛ぶピンチの繰り返し、さすがにヤバい…
夜半から15~16時間 不眠で乗りっぱなしですからね、限界ギリギリ…

とりあえず一宮御坂で高速に乗り…
双葉SAにたどり着くと そこでの休憩を申し出て 先に家路に向かってもらうよう別行動に…
楽しかったオフ会ツーリングも ここからまたソロに戻ります…

サービスエリア内のベンチで 30分くらいウトウトしたでしょうか…
伊豆
「おっかさん、あれが東京タワーだよ」
少々寝ぼけ気味ではある…

駐輪スペースの足下には…
伊豆
「ええ、もちろんですとも…」

さらに…
伊豆
「…それはホンマ、スンマセン。」
意味不明の ひとりボケツッコミで 眠気を振り払い…
とっとと帰って爆睡しようと誓い 再スタート

とは言っても そのまま高速を行くと 即居眠りをしてしまいそうだったので…
韮崎でまた一般道に降り ヤバくなったら すぐ路肩に停まって休めるよう 安全策をチョイス…

ひとつ、 睡魔撃退のいい方法を発見しまして…
伊豆
ミントタブレットの 一番強烈なヤツ…
これを5、6粒(それ以上はキケン)一気に口に放り込む…
鼻を通る息、舌の表面、ツバを飲み込むノド周辺…
あらゆるところが その過剰な刺激でビリビリきます…
これでおめめパッチリ。
およそ30分は覚醒します(←30分だけかい!)

それを繰り返し だましだましで伊那谷突入…
「あんまりやりすぎるとこれ、味覚障害になるな、、、商売あがったりじゃ!」

すっかり日が暮れ 見慣れた夜景が広がる頃になると 逆に目が冴え始め…
布団にダイブする願望を伴いつつのラストスパート…
~が、ここで トドメの一撃…
自宅まであと数キロというところで 局地的な土砂降り…
気配のない状態からの 見事なまでのズブ濡れ…

そこまでいくと もう諦めは付きます
ビタビタになって 20時間ちょいの ほぼノンストップツーリングが終了…
距離は往復640km、日帰り弾丸の、距離と体力の限界を見ました

まあ 無謀な計画ではありましたが…
リアルな仲間としてのつながりができたような気がして…
充実した 一日だけの夏休み旅行ができたような…

またすぐ 第二弾の計画が進行中みたいで…
いつまでこんな無茶ができるか分かりませんが…
末永い付き合いを続けていきたいものです

スポンサーサイト



27

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

憧れの地へ
7台連なって 伊豆スカイラインを北上…
伊豆
同系同型のバイクがズラッと並ぶと なかなか壮観…
先鋭的な、無難さのカケラもない ちょっとアクの強いボディデザインだけに 好き嫌いがはっきり二分する車種…
それを好んで選んでいるということは そりゃもう 気が合わないわけないのであります
ますます 初めて会ったような気がしなくなってる…

気持ちよく 山の中腹を走る快走路を抜け…
ウハウハ気分で 箱根ターンパイクへ…
伊豆
スカイラウンジ、、、頭文字Dのあの景色…

展望台からは、、、まっ白で 芦ノ湖の一部が見えただけ…
ここで富士山が望めたら 最高だったんですが 天候には勝てません
むしろ 降ってないだけマシ。
伊豆
噂通り バイクがたくさんいて 30年くらい前の懐かしい単車もちらほら…
一度訪れてみたかったターンパイク、初体験…
一気に小田原まで下って 大満足。

その後 今度は箱根山を望みながら 裏街道を御殿場方面へ…