FC2ブログ
  05 ,2013

プロフィール
元居酒屋店主の日記

きよふみ

Author:きよふみ

お知らせ
飯田のフットボールクラブ

「アザリー飯田」 を応援しよう!!

アザリー飯田 

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
08

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

仕込み屋 11
「錦玉子・ニシキタマゴ」を作ります…


手始めに ゆで卵、50コ!…一度に作る量が…自店とは大違い…
茹で方が 行き過ぎても 足りなくてもいけないので ジャストのタイミングで火から下し 流水で一気に冷却

殻をむくのがね…大変です…50コもあると。
そんなところで泣きを入れている場合ではなく 先を急ぎます

玉子は 黄身と白身に分け それぞれ裏ごし…
目の細かい裏ごしなら大変ですが わりと粗めでいいので これはリズムに乗って さっさと終わらせちゃいます

それぞれの裏ごしたもの…白身の方が必然的に量が多いので 両方が同量になるように 少し白身を黄身の方に分け足します

大まかな味を塩と砂糖でつけ そこに別で用意したメレンゲを“つなぎ”としてやさしく混ぜ合わせ 最終的にこの段階で きっちり味を調え 次の工程へ…

流し缶(流しものを作るステンレスの型枠みたいなもの) に まず白身の方から敷き詰めていき 表面をなだらかに、平らになるようにし…

次にその表面に 青のりをムラなく振り広げます

青のりがなじんだところで 次は黄身をその上に敷き詰める作業…
白身よりパサパサしていて なかなかうまく広がらないので ここが一番気を遣うところ…

きちんと四隅を決めて 凹凸なく詰めたところで 最終工程の火入れ…
蒸し器の中に入れて 蒸し上げます


これを切り分けて 5月の前菜の一点として…

錦玉子
切り口が きれいに黄色と白に分かれ その繋ぎ目に うまく緑がひとすじ入っていてくれるといいのですが…

スポンサーサイト



08

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Devil’s Intersection
2ヶ月くらい経つでしょうか…

自宅前の交差点に 信号機が設置されました…
交差点に
遡ること二十数年前…

既存の 山に向かって登って行く縦道にクロスして 山すそを並行に走る横道が開通し その交差点がちょうど自宅前…

その横道は そもそも“農道”という位置付けなのですが 通勤時間帯には 渋滞気味の国道の抜け道として かなりのクルマが通るようになり…

信号が
鈴鹿のホームストレート並みの直線道が通ったことで スピードを出して走り抜けていくクルマが増え 度々事故が起こるようになり…

軽い接触事故は数知れず 死亡事故も記憶にあるだけで2件…

そのたびにオヤジは その交差点に 信号機を設けてほしいと訴え続けてきたらしいが…

農免道路というのは 国交省ではなく 農水省の管轄らしく…

道路を通すにあたって 何やらややこしい取り決めがあるとのことで 人が死んでも信号は付かず はや20年…

事故現場に居合わせたことも数回、自分は勝手に 「魔の交差点」と名付けていた

確かに 進入方向によっては見通しが悪く 傾斜もついているので “起こるべくして起こる”という地形的な要因もあるのですが 自宅の前で 頻繁に事故があるというのは あまり気持ちのいいものではない…

もちろん 役人さんも何の手立ても打ってなかった訳ではなく 注意喚起の標識が立ったり 停車を促す舗装とペイントが施されたりしてきました…

が、その効果は…いささか疑問符がつきます

つきました
重い腰を上げたキッカケがどこにあったのかは 聞いてみないと分からないけれど 何はともあれ 絶対に設置されることがないと思っていた交差点に 立派な信号機が点灯し 横断歩道が新設され…

これで事故が皆無になるかと言えば そうとも言い切れないのが 現代の交通事情ではありますが 以前より かなりの安心感を得られるようになった気がします

実際のところ 自分自身も 最近ようやくそこに信号ができたことを “体感・認知”できてきたところで…

運転して差し掛かると 今までの感覚が体に染みついてしまっているので 信号の存在を忘れていて 赤信号で進入してしまいそうになることが何度か続きました…


あとはこの先 無事故を祈るのみですが それを一番気を付けなければいけないのが 自分だったりします

この場所に限らず 粗い運転をしてしまいがちな性格が多分にあるので 自分の心にも信号機を設けないといけないかと感じているところです