FC2ブログ
29
  08 ,2011

プロフィール
元居酒屋店主の日記

きよふみ

Author:きよふみ

お知らせ
飯田のフットボールクラブ

「アザリー飯田」 を応援しよう!!

アザリー飯田 

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
31

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

富士登山・7合目から8合目編
これ以上を求めたらバチアタリと思えるくらいの登山日和…
正直 Tシャツ1枚でも十分なくらいで~“暑かったら脱ぐ”ではなくて “寒かったら着る”にすればよかったと後悔…

七合目到着
標高2700m~七合目に着くまでに 体力も7割くらい使い果たしてしまったくらいの大変さで 山小屋の前にあるベンチにへたり込んでしまいました…“山頂まで3.8km”という表示に 「案外 近いじゃん」と思ったのですが~甘かった…

山小屋
山小屋は急斜面に建てられていて 風雨に耐えられるようなコンパクトな造り~宿泊施設になっているのですが “詰め込めるだけ詰め込んで”と言う感じの超狭小スペースでした…それだけ登山者が多いということなんでしょうか~ゆっくり体を休めることはムリそうで 人と人が重なり合って寝る姿が想像されます…

険しい岩の道
七合目を過ぎると それまでの砂や土の道とは様相が変わって 角度のキツい岩場の道が多くなり これがさらに体力を奪っていきます…

驚いたのは 幼稚園の集団が登っていて…先生や保護者に励まされながら 一生懸命山頂を目指している健気な子どもたちに会いました(半泣きの子もいましたが 自分より遥かに元気。)~4,5歳にして たぶんこの先 一生忘れないであろう経験をしているのではないかと…

雲海と青い空
眼下はこれまた絶景で 雲が遠く下の方に広がり その切れ間から 山中湖らしき湖も見ることができました~言葉を失う“白と青の世界”

山小屋群
七合目から八合目の間には 数か所に分かれて山小屋が続いていて 見上げると ホントすぐ近くに見えるのですが 歩いても歩いても なかなか辿り着けないような感覚に陥ります~だいぶ腿も上がらなくなってきて ちょっとした岩につまずく事も…

汗は止まらず 水の中に浸したかのように帽子のツバの先からポツポツと滴り落ちるくらい~山小屋ごとにチップを払って使用するトイレがあるのですが 全く尿意をもよおさないくらい 汗になってカラダの水分が出ていくような感じ…

七合五勺~目が回る
七合五勺あたりで 睡眠不足からくる疲れでフラフラ~もっとコンディションを整えて来ないと…

登り始めた頃の元気はどこへやら~先ほどの幼稚園児たちと 抜きつ抜かれつのデッドヒート…情けないっス。
「5歳児レベルの体力しかないんかい!」と自分にツッコミを入れつつ 気合いを入れ直して頂上を目指します

稜線
溶岩らしき岩肌も望めて 改めて富士山が火山であることを確認します

スポンサーサイト

31

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

富士登山・5合目から7合目編
完全に日が出て 明るくなると同時に気温も上昇…
五合目登山道
想像していたより整備された登山道で わりと簡単に登っていけそうな雰囲気~

頂上は遥か彼方
見上げると 富士は大きくそびえ 山頂は遥かに先…?
六合目付近で 完全に高木はなくなり 土肌の黒さばかりが際立つ感じ…

朝日
朝日が 自分の目線の高さより下から上がってくる~山に囲まれた普段の生活からは考えられない景色…
たぶん 地図で見る富士山の右側(東斜面)を登っているようで 常に太陽が上がっていく様子が見られて感動…

落石防止?
斜面には 城の城壁のような大きな人工物がいくつも組まれていて さながら要塞のよう…
直射日光と 少しずつ斜度が増す登山道 また厚着のし過ぎで すでに大量の汗が…

六合目登山道
ばらけてはいますが 想像を遥かに超える登山者の数で その流れに身を任せて上へ上へ…
目指すは七合目の山小屋~ガスもかからず 視界も良好

山小屋群
この先行き着くであろう山小屋群が頭上にいくつも望めるのですが なかなか近づかない…
マウンテンパーカーを脱いでも 汗は止まらず 暑さが思っていた以上~全身から湯気がモワモワと…
大きくジグザグになっている道を進み 周りの景色を楽しみながら七合目に到着~だんだんと体力的にキツくなってきて ここでまずひと休み…

至って順調ではありますが 体力の消耗は激しく ペースを抑え気味に変更…